サービス

福祉用具レンタル・販売

福祉用具レンタル

特殊寝台・特殊寝台附属品
床ずれ防止用具・体位変換器
車椅子・車いす附属品
歩行器
スロープ 設置事例
歩行補助杖
手すり 設置事例
徘徊感知機器
徘徊感知機器
移動用リフト
自動排泄処理装置

福祉用具販売

入浴補助用具・腰掛便座等

入浴補助用具
腰掛便座
簡易浴槽
リフトの吊り具
自動排泄処理装置

ご利用の流れ

STEP
01

ご利用者の利用状況の確認 ご利用者のご自宅を訪問し、身体状況やご家族の状況、お住まいの環境などを確認し、生活機能の維持・向上のために、どのような福祉用具が適切か検討します。

STEP
02

サービスの必要性の検討と選定 介護予防や自立支援、介護の負担軽減に役立つ最適な福祉用具を、ご家族のご意見を伺いながら選定し、提案します。

STEP
03

福祉用具のお届け 福祉用具を点検し、安全を確認した後、ご指定の日時、場所にスタッフがお届けします。
設置や調整をし、ご利用者の環境や状況に適合しているかどうかを再確認します。

STEP
04

使用方法のご説明 使用方法をご説明、必要な場合は一緒に使い方の練習もします。

STEP
05

アフターサービス ご利用中は定期的にお伺いし、ご利用者の状況や環境に変化はないか、福祉用具が生活向上に役立っているか、福祉用具の不具合や故障はないかを確認します。

STEP
06

サービスの再検討 定期的にお伺いし、ご利用者のお話をお聞きした上で、福祉用具の利用の継続を再検討し、必要に応じて迅速に対応します。

住宅改修工事

生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、介護区分に関係なく上限20万円まで住宅改修費が支給されます。
(自己負担最大3割)

利用限度額20万円まで

  • 事前の審査が必要です。
  • 事前申請のない工事は、支給対象外となります。
  • 1回の改修で20万円を使い切らずに数回に分けて使うこともできます。
  • 引越しをした場合や要介護度が著しく高くなった場合、再度支給を受けることができます。

住宅改修種目

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • すべり防止円滑な移動のための床材変更
  • 引き戸などの扉の交換
  • 和式便器から洋式便器への変更
  • 上記の付帯工事

施工事例

①トイレ手すり
②お風呂場手すり
③トイレ和式から洋式への変更
④居室手すり
⑤段差の解消
⑥玄関外手すり

介護保険対象外サービス

  • 介護保険が利用できない方への自費サービス
  • 介護保険対象外商品のレンタル、販売
  • 介護保険対象外の修繕、リフォーム工事
  • 紙おむつ支給事業
  • 既製品のカスタマイズ
  • 医療用ウィッグの製作
  • 自社製品の製作
  • 一般商材の取り扱い
  • ワークショップ
  • その他